飛龍頭くんのコーヒー雑記

  • 2018/06/19

    日本人である前にコーヒー屋

    昼に池袋あたりの居抜き物件内覧へ。
    駅から結構遠くて、私では誰ひとり集客できない感じの立地ですが、お店自体は、こじんまりしてる割に窮屈な感じはなく、結構理想的でした。
    今日は私ひとりのために不動産屋さんを引っ張り出してしまったようで申し訳なかったですが、いろいろ質問できて良かったです。私が探している感じの物件はかなり人気があるとのこと。あらゆることがレッドオーシャンでございます。

    その後、コロンビア2種を1バッチずつ。
    ビジャ・ファティマ・ティピカと、シエラネバダとなります。

    ↓ 美味しそうに焼けました。

    私は日本人である前にコーヒー屋でございますので、本日の日本vsコロンビアは、コロンビアを応援いたします。

    ところで、明日は、珈琲ワークショップのエチオピア編です。参加者がたとえひとりでもふたりでも、ベストを尽くしましょう、ということで、オリジナルのすごいやつをやりたいと思っておりましたが、ついに前日まで何の企画も立たず、結局、他人頼みで、レッドクローバーさん@三軒茶屋へ。

    ネット上に転がっている情報は、誰かが書いたのをコピーしたようなものばかりですが、レッドさんの話は生情報が満載で大変面白いです。恐い顔をしながら大変親切に教えてくださいました。
    イルガチェフェとか、ハラールのあたりの厳選写真も頂戴することができましたので、明日はドリップと試飲と写真とで攻めようと思います。

    あと、手頃なエチオピアのコーヒー地図はないかしらと画像を検索しましたところ、良いのがあった、と思いましたら、森光先生の「モカに始まり」内の画像でした。さすが(涙)。

    日本人のコーヒー愛は世界に誇れます。やっぱり日本を応援しちゃうかも。

  • 2018/06/18

    焙煎4バッチ

    知らぬ間にワールドカップがはじまっていたり、大阪で地震が起きたり、ジョンソン・エンド・ジョンソンのコンタクトが値上がりしていたり、焙煎機までの入口が日ましに狭くなっていったり、世の中は予想ができないことばかりですが、今日もめげずに夜に4バッチ。

    エチオピア3バッチ、パプアニューギニア1バッチ。
    エチオピアはいつもより若干浅めでやってみました。
    パプアは前回よりも少しだけ深めです。

    明日は、コロンビアを焼きます。
    コーヒー生産国を応援しようと思います。

  • 2018/06/17

    今日は平井ブレンドで

    今日は、平井の本棚さんで、千葉・地図ラーの会さん主催のイベントがあるとのことで、お邪魔しまして、飲み食いの部のタイミングで、アイスコーヒーを出させていただきました。

    平井ブレンドです。ひりゅうず通信も平井版で、怪しい小説部分はカットしつつ、平井ブレンドの由来を載せました。

    ————————-
    平井ブレンドの由来
    「ひ」と「ら」と「い」の豆を組み合わせてブレンドを作ろうと思いましたが、手頃な語呂の豆がございませんでした。
    かなり無理に語呂を合わせまして、「ひりゅうず・ラ・イルガチェフェ」
    です。イルガチェフェはエチオピアの代表的なコーヒー生産エリアです。「ラ」は女性名詞につく冠詞です。イルガチェフェが女性名詞であることを祈ります。結果、当店定番のエチオピアのシングルオリジンコーヒーとなりました。「ブレンドなのにシングル」です。「井戸なのに平」というのと同じニュアンスです。少しわかりづらいでしょうか…?
    ————————

    相変わらずおどおどした対応になってしまいましたが、みなさま美味しいと言ってくださり嬉しかったです。

    豆も買ってくださいました(涙)。
    平井の本棚さんが正式にオープンした暁には、置かせていただけそうです。「ひ」と「ら」と「い」の豆を探して今度こそ本物のブレンドを作ろうと思います。

    平井には、初めて来ましたが、思ったよりも近いし、とても良いところです。今後ブレークの予感がします。
    イベントは、地図ラーさんの「平井インスタ映えないツアー」なるものだったのですが、かなり完成度の高いほれぼれするような企画でした。これは、すごいです。平井マップも逸品です。

    駒込のスペースでは、駒込マップがほしいと話していたところで、ぜひ駒込でもやってほしいです。駒込もぎりぎり千葉でしょう??

  • 2018/06/16

    俳句とコーヒー

    今日も駒込でした。
    午後から、ぽんた堂古書店さん主催で、「はじめての句会」なるワークショップが開催されており、私も脇から一句分だけ参加させていただきました。

    「ひりゅう豆に 語呂をあわせて ぽんたブレンド」

    解説いたしますと、ぽんたブレンドの語呂合わせを考えていて、「た」はタンザニアかと思ったのですが、「ぽ」と「ん」が思いつきませんでした。ということで、語呂自体をあわせて(ブレンドして)ぽんたブレンドです。
    意味不明でしょうか? 私の書くこと、言うこと、たいがい意味不明と言われます。

    俳句は奥が深いですね。いざ自分でやろうとすると、なかなか気の利いたのができません。みなさん、上手です。

    以前、回文ドリップバッグをつくっていましたが、なかなか回文と気づいてもらえず、単なる怪文になっていました。
    俳句ならいいですね。
    来月の俳句ドリップバッグのテーマは、「珈琲」です。ご応募お待ちしております。

    来週の駒込は、20日(水)と21日(木)です。
    20日(水)13時~ワークショップなのですが、現時点の参加確定者は1名のみでございます。

    http://hiryuzu.jp/info20180603/

    みなさま、平日はお仕事でしょうか。
    大変有意義な企画にしあがる予定ですので、ご参加いただけそうな方は、ぜひお知らせくださいませ。

  • 2018/06/15

    日々、小さな施策の積み重ね

    今日も雨の中、駒込豆販売でした。
    飲んでくださった方、買ってくださった方、ありがとうございました。

    相変わらず、本当に商売する気があるのですか? という感じの状態で、駒込周辺で出会う方々にも、心配されはじめております。
    どこに行ってもだめな感じのキャラになるのは、本当にダメだからでしょうか? いや、まだ、これから。

    今の方針としては、小さな施策を思いついたら即実行ということで、今日は下記を行いました。

    ・郵送の場合にカード決済できるようにPayPalに登録
    ・御茶ノ水のコワーキングスペースへ問合せ
    ・池袋の物件見学を予約
    ・がんもどき研究(営業は失敗、空振りでなく見逃し)
    ・2段ドリップもさっそく試しでやってみました。どうでしょう? 私は結構好きです。

    本日の読書は、先日のイベントで購入した、三島由紀夫の「命売ります」です。命の前にまずはコーヒーを。

  • 2018/06/15

    がんも研究@田端銀座

    ひさしぶりのがんもどき研究です。

    さとみや豆腐店@田端銀座。駒込エリアでは有名な、おいしいと評判のお豆腐屋さんのようです。
    http://www.tabataginza.com/?p=834

    以前、一度、豆腐と豆乳が絶品だと勧められて伺ったことがあるのを思い出しました。
    がんもどきの種類が以前よりも増えている気がします。今日は五目とおくらです。

    飛龍頭つながり、豆つながりでコーヒー豆置いてくれないかしらん、という下心を持って伺ったのですが、なかなかスペースがなさそうで言い出せませんでした。
    がんもどきは冷たいまま食べましたが、美味しいです。どっちが五目でどっちがおくらか気づかないままあっという間に食べ終わりました。
    がんもどきとコーヒーのコラボの夢はまだ捨てきれておりませんので、折を見てまた。

  • 2018/06/14

    ギフトセット注文承ります

    前職で一緒だった方が駒込に住んでいて、地域のコミュニティプレイスに連れていってくれました。
    こまじいのうち

    人がたくさんいらっしゃいました。地域コミュニティとして有名なようで、いろんなところから視察が来てるみたいです。
    ガツガツ商売っ気のあるコーヒー屋の行く場所ではございません。
    売れないコーヒー屋が、たまに、おしゃべりに行って孤独を癒す場所でございました。わたしにぴったり。

    さて、次の日曜日は父の日ですが、知人から注文をもらった父の日ギフトが、迷走した既に、ようやくできあがりました。
    ひりゅう豆100g×2と、ドリップバッグ5袋と、東京周辺名店セレクトver.1として2店×100gです。

    パッケージを可愛くしようとか思っておりましたが、そういうセンスなく、挫折しました。
    今、依頼者に、まだ慣れてない珈琲屋だから大目に見てあげてよって伝えといて、と根回し連絡をしたところでございます。
    ちなみに、送り主は普通、依頼者ですかね??

    今回は手間取りましたが、一度やってしまいましたらもう慣れっこですので、みなさま、ギフトセットのご注文もお待ちしております。

    今、依頼者より返事があり、送り主は、屋号でいいらしいです。お父さん、超ゆるい人らしいです(涙)。

    ゆるい方からのご注文を特にお待ちしております。

  • 2018/06/13

    エチオピア

    午後イチで、Ruins Coffeeさんとちょろっとトラムさんへ。混んでていいですね。
    ガテマラをいただきました。

    フエゴ山の噴火、気になりますね。このガテマラもなんとなく殺気立って見えます。

    ちなみに謎のエチオピア交渉は失敗に終わりました。死力は尽くしましたので悔いはありません。

    Ruins Coffeeさんに、ひりゅうず通信6月号【Ruins Coffee版】を5部程度お渡しすることができましたので、明日から、お店に置いてくださるはずです。たぶん。きっと。

    その後、駒込の方に教えていただいた神保町のとあるコワーキングスペースを偵察。ちょっとここは無理そう。

    その後、先日の本と器のイベントでお知り合いになった「平井の本棚」の方とお会いして少しお話しさせていただきました。
    今度の日曜日のイベントでコーヒーを淹れさせていただくことに。
    「平井ブレンド」というのを作りたいのですが、手頃な「ラ」の豆がなく、「ひりゅうず・ラ・イルガチェフェ」とかなり無理な語呂合わせとなりました。要するにいつものエチオピアです。ブレンドじゃないですね。

    その後、ひさびさにアームズさんに伺い、井上直火1kgで、いつものエチオピアを2バッチ。

    ついでに、2段ドリップなるものも見せていただきました。これ、いいですね。今度やってみます。

    ひさびさにアームズのメンバーの方ともお話しできて良かったです。

  • 2018/06/12

    めざせ、味のある名わき役

    今日の駒込は、小声書房さんとご一緒させていただきました。

    小声(ここえ)ブレンドのこごえ(凍え)珈琲をお出ししました。

    解説しますと、コロンビア・コスタリカ・エチオピアのブレンドのアイス珈琲となります。
    この濁点がないので、「この濁りなき美味しい珈琲」という感じです。
    語呂と言葉遊びを優先し、味を少しないがしろにした感があり、反省しておりますが、飲んでくださった方々ありがとうございました。

    本屋さんとコーヒーの組み合わせは良いですね。
    本の関係のイベントには、今後、いろいろとお邪魔させていただこうと思っております。
    コーヒーはわき役に徹するのが良いかもしれないです。味のある名わき役。

    次の駒込は、6/15(金)の12時からです。よろしくお願いします。

  • 2018/06/11

    ひさびさのストリームヴァレーさん

    サルーンコリアスの取材について、出版社の方に手紙を出したのですが、どうやらスルーされてしまったようですので、素直に本命直撃です。

    ストリームヴァレーさん@北柏。

    雨だし空いているかなと思ったのですが、たくさんお客様がいらっしゃっていました。すごいです。

    まず、恒例のモカマタリ。と、スコーン。

    私はとにかくこちらで飲むモカマタリに惚れています。マタリの浅めでこの味出せるのすごいと思います。
    スコーンも実はこの店のが一番好き。

    他のお客様へのサーブが終わったのをみはからって、イルガチェフェも。イルガの香り高き個性がくっきりと。比較すると楽しいです。

    そして例のごとく質問攻め。池田さんの話はいつも本当に興味深く勉強になります。
    サルーンコリアスさんについても、オブラートに包み隠されながらではありますが、お話しを伺うことができました。
    真実の一端に触れることもできていないのかもしれないですが、それでもちょっと衝撃的にうひょひょな感じです。想像とは違った意味で、大変魅力的。ミステリアス。やっぱり伝説の店。

    今日のお話しを受けて、私の想像と妄想でコリアスさんを舞台に勝手に小説を書いて、池田さんに提出しようと思います。
    ひりゅうず通信の8月号の舞台として狙います。

  • 2018/06/10

    ひさびさのパプアニューギニア

    焙煎4バッチ。
    知らぬ間にパプアニューギニアがあったので、ひさびさに2バッチ。あとは、いつものエチオピア・イルガチェフェ。

    パプアは、「パプアニューギニア AA ブヌン・ウー」です。

    なかなかに浅めにできあがりました。

    ワタルのサイトに書かれているカッピングプロファイルは、「フローラル、オレンジ、ラウンドマウスフィール、ココア」

    ラウンドマウスフィール?
    「マウスフィールとは、コーヒーのボディを表す用語で、口に含んだ時の質感や触感を表しています」
    「マウスフィールのプラス表現は、バターのような・クリームのような・柔らかい・スムースな・芯の通った・包み込むような・ベルベットのような・目のつまったニットのような
    マイナス表現は、渋み・粗い・水っぽい・薄い・軽い・ざらざらした、と評価されます」

    ベルベットとかニットとか言われてもね。ラウンドは、「柔らかい」だそうです。

    さっそく飲んでみます。
    おぉ、フローラル、オレンジ、ラウンドマウスフィール、ココア!
    嘘です。悪くない気がしますが、ちょっと酸味がきつめです。3日後くらいにもう少しまろやかになる予定です。また。

  • 2018/06/9

    ひゅうず屋はじめました

    昨晩、コスタリカの味見をしようと豆を挽いていましたら、突然、カリタのナイスカットミルの電源が落ちまして、よくよく調べましたら、ヒューズが飛んでおりました。

    さらに、よくよく調べましたら、ナイスカットミルの中のスプリングが、なくなっておりまして、掃除の際紛失したものと思われますが、それが原因かと推察しております。

    予備のヒューズがなく、コンビニやドンキには売っておらず、本日、イベントだったこともあり、少しパニックになりましたが、朝、ヨドバシに開店とともに駆け込み、事なきを得ました。ビックより30分開店早いのですね。ビック派でしたが今日からヨドバシ派です。

    なんだか不安でたくさん買ってしまいましたので、しばらくはコーヒー屋とともに、ヒューズ屋もやります。「30mm 125V 3A」ヒューズです。250Vも1袋あります。
    ヒューズとひりゅうずは似ておりますね。ひゅうず屋にします。

    さて、本日は、「本と器の土曜日」というイベントの隅っこで出店させていただきました。アイスコーヒーを中心に多くの方に飲んでいただくことができ、豆も(私にしては)たくさんの方々にご購入いただけました。
    明るい未来を予感させる情報提供やお誘いもいただき、大変有意義な一日でした。
    みなさま、誠にありがとうございました。

    出店の本屋さんより、中古の本もいくつか購入させていただきましたので、拝読させていただきます。

    来週の駒込出店は、6月12日(火)、15日(金)、16日(土)となります。
    よろしくお願いします。

  • 2018/06/8

    おいしくなっています

    相変わらず豆はほとんど売れませんが、飲んでくださる方々の反応は以前よりよくなっている気がします。
    順調です。上り坂です。大丈夫です。たぶん。

    明日は、駒込スペースで、『本と器の土曜日』というイベントをやるということなので、私も隅っこで試飲販売させていただくことにしました。コーヒーは本とも器とも大変に相性が良いかと思います。
    「本来、『本と器と珈琲の土曜日』のはずですよねぇ」と主催の方にいいがかりをつけて少し嫌な顔をされましたが、アイスコーヒー、ホットコーヒーの試飲をご用意しつつ、お待ちしております。

    駒込良いところですので、まだいらしたことのない方は、ぜひに。

    咲いていません。

  • 2018/06/7

    自家焙煎豆ボウズ

    今日も、豆販売@駒込でした。

    アイス珈琲お出ししました。
    グァテマラ+コロンビアのブレンドと、エチオピアの2種類を試しました。私はエチオピア派ですかね。

    今日は、豆ボウズは逃れたものの、自家焙煎豆ボウズでございました。まこと恥ずかしき。
    (「廃墟のクレオパトラ」は、焙煎テキトウですので焙煎人も販売人も味の保証はしておりません。コーヒーを焙煎されていらっしゃるお客様限定で、ご納得いただいた上で、販売させていただいております)

    コーヒー趣味の会は、6月バージョンに更新しております。
    各会、ぼちぼ参加希望いただいておりますので、少しでもご興味をお持ちいただける方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
    入会金なし、退会自由ですので、大丈夫です。

    コワーキングスペースでの間借り販売は、その地域の方々と容易につながる機会をいただくことができまして、ご挨拶回りも本日より少しずつ開始させていただいております。
    明日もアイスコーヒーご用意いたします。(「廃墟のクレオパトラ」もう100gございます)
    今後ともよろしくお願いします。

  • 2018/06/6

    豆ボウズ

    本日、12時過ぎ~18時迄、駒込にて豆販売&コーヒーサービスをいたしました。
    雨だったこともあり、数名のスペース利用者の方にお出しした程度で、ずいぶんと暇でございました。豆販売についてはボウズです。豆ボウズ。

    ↓ 下記、私のお気に入りキャラなのですが、「豆ボウズ」という名前にしようと思います。

    学習スペースとしては大変快適な場所でありますので、6/20のワークショップのほにゃらら空白を埋めつつ、エチオピア、特にイルガチェフェについて、サイトをあさって学習いたしました。

    ネット上にはエチオピアコーヒーについての情報は豊富に氾濫しておりますが、無料で転がっている情報を人様に転送したところでつまらないので、少し違う路線から攻めようと思います。

    関係ないですが、インターネットを見てると、世の中には本当に多くの焙煎豆屋があるんだ、ということにいちいち気づいてしまいます。パイの奪い合いでは勝てんですので、こちらも、少し違う路線から攻めようと思います。

    明日はアイスもお出しします。明日もよろしくお願いします。

  • 2018/06/5

    言葉を尽くしてこそ

    帰山人さん(注:面識ありません)と珈琲トラムさんで、「こうやって珈琲で会話出来たらさぞや素敵なことでしょうね」などとロマンチックなことを言い合っているのをツイッターやブログで読んで、たしかにーとか思いもしましたが、それはコーヒーのスキルがあり、両者に平和的コーヒー関係が既に成立している場合だけでありまして、私のような未熟者は、日差しの照る中、船橋駅から20分以上かけて歩き、言葉と小説を尽くして、自分のコーヒーについて理解を得るよう努めねばなりません。

    というわけで、昨日、タイミングを逃しましたので、さっそく本日伺ってまいりました。
    コーヒー屋ofコーヒー屋の喫茶いずみさんです。

    ↓ アイス珈琲。いつもと違うバージョンらしいです。

    ↓ スペシャル

    ↓ 相変わらずのイケメンドリップ(顔なし)

    ↓ 「大坊・森光ウィーク!!深煎りイエメン4番で飲め!!」という長い名前のコーヒーをいただきました。イエメン感ありつつ甘さもすごいです。

    ↓ 常連さんが食されていたのが美味しそうだったので。

    コーヒーをいただきながら、カウンターで楽しく珈琲談義させていただきました。
    こちら、コーヒーの造詣大変深く、コーヒーへの情熱ほとばしり、かつ理系に冷静で、毎回大変勉強になります。
    常連さんも個性的な臭いのする方が多く・・・。

    私も言葉を尽くした甲斐あって、「抽出方法を今まで決めていなかったなんである意味すごい」とか「実体のない虚数的コーヒー屋」とか、いろいろ褒めていただくことができました。

    今日の目的は、ひりゅうず通信7月号の小説部分の確認でしたが、いずみさんも普段からブログにて、容赦なく書いて(撮って)いらっしゃるようですので、拒否権なしで押し渡してまいりました。

    常連さんおふたりにも無理やりお渡ししてしまったのですが、意味不明かと思われます。大変すみません。

    ひりゅうず通信6月号は本日発刊です。明日6/6~6/9は駒込のコワーキングスペースでの豆販売です。喫茶のできる間借り先も引き続き探索中です。あと、8月号の舞台になってもよいというコーヒー屋さんも募集中です。
    今後も(は)コーヒーに精進してまいります。よろしくお願いします。

  • 2018/06/4

    月曜日だし

    土日になんだかカフェインを取り過ぎたようで昨日はあまり眠れず、午前中だらだらと過ごしてしまいました。
    月曜日はお休みのコーヒー屋さんが多く、私もなんだかお休みのような気分になります。コーヒー屋らしくなってきた。

    午後、焙煎の前に、R-101の定期メンテナンス。
    http://www.discovery-cafe.jp/4_maintenance/430.html

    その後、コロンビア・シエラネバダを2バッチ。
    自分が焼く常用のコーヒーとしては、アームズさんのやり方に戻ってきております。私のような素人でも、美味しく焼けます。

    隣で、アームズたけっち先生のカカオラボをやっていて、今日は、参加者がスペシャルな感じと伺っていたのですが、諸事情でご挨拶等するタイミングを逃してしまい、星がないねぇ、とか言われましたが、やっぱりちゃんとお店に伺おうと思います。

    終了後、たけっち先生ご夫妻&ねこのやさんと、コーヒーをいただきながら、少しだけ珈琲談義。(ユーエスさんのブラジル・ショコラピーベリーが安い割に良い感じみたいです。たしかに甘味がすごいです)
    昨日のコーヒー文化学会についてとか、関西方面のお店についてとか。尾道の蛮珈夢さんというお店にちょっと行ってみたいです。
    田園調布のサルーンコリアスの話も。こちらについてはまじめに取材したいのですけど、そういうのやったことがなく、何をどうしていいかわからないから、何をどうしていいかわからないのですけど何かアドバイスいただけませんか??と、コーヒー関連本も多くだされている個人の出版社の方に図々しくお手紙書いてみました。お返事もらえると本当にうれしいのですけど。

    商売になりそうもない余計なことばっかりしてますけど、興味の趣くままに好きにやってみるのが一番です。ね。ね?

  • 2018/06/3

    初夏のやどかりとクレオパトラ

    朝に、猫シェルター。
    夕方、Ruins Coffeeさんにお誘いいただき、やどかりコーヒーさん@武蔵小山へ。

    大坊さんの抽出講座に同時期に受講させていただいていたようで、その後、私の喫茶にも来ていただいたことがあり、昨日、大坊さんのイベントで偶然お会いし、現在、週一回間借りで営業されているとのことで。

    エチオピアをネルドリップで淹れていただきました。手作りのガトーショコラも。うまし。

    店内明るく、カウンター広々で、わいわいアットホームなステキなお店でした。
    やっぱり同じような立場の女性(私より断然堂々としており、そして売れているが)と話していると本当に楽しく励みになります。
    焙煎豆味見会もご参加いただけるかもです。

    その後、ルインズさんと一緒に焙煎室@四谷三丁目へ。
    今日は、いつものエチオピア・イルガチェフを2バッチ。

    ↓ 合間に、ルインズさんにも1バッチやっていただきました。

    Ruins Coffeeさんの初R-101焙煎豆。私も200gほどゲットです。
    名付けて、「初夏のクレオパトラ」。こちらにひりゅうず通信6月号(Ruins版)をつけまして、100g 定価10,000円のところを、大特価なんと1,000円で販売いたします!!!(嘘です。ごめんなさい。)

  • 2018/06/3

    6/20【ワークショップ】コーヒーを学ぼう(エチオピア編)

    ワークショップやります!。コーヒーに詳しくない方向けの講座です。
    詳しくない方で、このブログを見る人なんていないでしょうけど。
    詳細はこれから考えます。

    http://hiryuzu.jp/info20180603/

  • 2018/06/2

    コペルニクス的転回の日

    今日は、駒込のスペースで、アイスコーヒーに初挑戦しました。
    本当に初挑戦です。実は家でも作ったことがありません。
    最初の1杯は味見して苦すぎ、2杯目からお出ししました。職人根性なくすみません。でも無料サービスなので。

    冷蔵庫がないので、普通に濃くドリップして、コンビニの氷を入れたグラスに注ぐやり方です。苦めです。甘味が足りません。これから徐々に甘くなっていくはずです。人生と同じです。たぶん。

    その後、山陽堂さん@表参道で開催されている「珈琲屋 大坊さんと森光さんと」のイベントへ。
    焙煎豆味見会にご参加いただけるとのご連絡をいただいたSさんとご一緒させていただきました。

    ↓ 大坊さんのデミタス。カウンターに座っていただきました。

    その後、蔦珈琲さん@表参道で、打合せ、といいつつ、コーヒー談義です。
    Sさんは、大坊先生の抽出講座を同時期に受講していたこともあり、お会いして、あっ、あの抽出が美しかった人だ、と記憶がよみがえってまいりました。コリンズ機をも使われているとのこと!
    お話しを伺って、いろいろ、かなり衝撃を受けたのですが、何より、大坊さんのコーヒーについてのお話しを伺い、私の中で、コペルニクス的転回がございました。
    うまくいえないのですが、私が見ているコーヒーの世界の外側や内側にまだ恐ろしく広い世界が広がっているんだ、というような感じです。見えぬけれどもあるんだよ、みたいな感じ。

    ↓ 蔦さんのデミタスとシュークリーム

    ↓ 蔦さんのアイスコーヒー。美しい。

    自分の焙煎にも抽出にも味覚にも自信が持てなくてキョロキョロしてしまいますが、自分にあった珈琲屋を誠実にめざしていくしかないですね。

    話に熱中してしまい、焙煎豆味見会についてはあまり具体化できなかったのですが、会は成立いたしましたので、ご自身で焙煎されている方でご興味のある方は、ぜひお知らせくださいませ!。

    ⇒shimizuzu1234@gmail.com