飛龍頭くんのコーヒー雑記

  • 2019/03/23

    セブンイレブンとは別の土俵で。

    セブンイレブンのチーズケーキを先日少し味見させてもらい、さすがセブン!という感じの味と値段でした。

    今日から、お菓子の試作をはじめたのですが、できあがり作品としてのお菓子は、もはや世の中に安く美味しく出尽くしていて、私のような素人には入り込む余地がありません。
    コスパを考えれば、セブンの168円だかのチーズケーキをお皿に乗せてお出しした方が断然良いし、ある意味、お客様に対して誠実であるとも言えます。

    ただ、お客様が(チェーンでない)コーヒー屋に求めているのは、コスパでも誠実さでもなく、癒しとか、感動とか、驚きとか、衝撃とか、そういう予期せぬ偶発性みたいなものであるとすると、コーヒー屋の仕事は、人間の感情を盛り上げるところにあるのかとも思います。

    ある飲食店が、マックのハンバーガーを100円で買ってきて、そのままお皿に乗せて、これはMじゃなくてWだと言い張って、1000円で売りつけた、とかいう話を知人から聞いて衝撃を受けたことがあるのですが、そういうのって、マルセル・デュシャンの便器のアートと同じ理屈でアートだと思います。

    例えば、セブンのチーズケーキに、きのこの山を突き刺して、こんな発想は誰もしない、とか言い張って、1000円でお客様にお出ししたとして、その行為自体は、不誠実だとか、アホらしいとか、もちろんダメ出しをされるとは思うのですが、でも、きのこよりポッキーの方が良いのではないか、とか、上に突き刺すのではなく、中にフェーブのように入っていると面白いのではないか、とか、そういう新たな発想で盛り上がる機会になるかもしれず、つまり、何を言いたいかというと、個人の喫茶店がその価値を発揮するためには、セブンイレブンみたいな大きなものと違う土俵で戦うべく商品を考えていく必要があると思うのです。

  • 2019/03/23

    ドリップロボット。

    ラジオ番組で、タコ焼きロボットとかが既にかなり実用化されている、とかやっていて、タコ焼きがいけるなら、ドリップもいけるだろうな、と思いました。

    私は、ドリップが苦手だから、ぜひ導入してみたいです。スイッチを変えれば、タコ焼きだったり、たい焼きだったり、パンケーキだったりも作ってくれたら、私は何もしなくても喫茶ができるわけです。

    そう考えると、これからの時代、コーヒー屋がコーヒー屋であるためには、ドリップをしなくても、スイーツを作らなくても、存在自体がコーヒー屋になるべく、いついかなるときも24時間コーヒー屋モードであらねばならぬのだわ、と思いました。(?)。

  • 2019/03/21

    手網焙煎イベント。

    今日は、日本橋浜町のとうとうさんで開催された片野さんの手網&手廻しイベントに参加いたしました。
    前回のブラジルバージョンの時も参加して、大変勉強になって本日は2回目の参加です。今日は、タンザニア編。

    片野さんのコーヒー、おいしいです。今日も大変勉強になりました。

    いくつか日頃の疑問点を聞くことができたのも良かったのですが、何より、最近やさぐれ気味の私のコーヒー熱がアップいたしました。
    がんばらねばと思います。

    今後も開催されるようです。焙煎にご興味ある方は、本当におすすめでございます。

  • 2019/03/20

    おかしも その2。

    「おかしも」ってみんなが知っていることだと思っていたのですが、どうも違うようです。ちょっと衝撃です。年代のせいでしょうか。

    誰でも知っている常識なんてどこにもなくて、みな、それぞれが好きな山に登るしかないわけです。
    山好きの方に、私でも独りで登れそうな山を聞いたら、陣馬山を薦められたので、今月中に行ってみようと思います。

  • 2019/03/20

    おかしも。

    お菓子のイメージができあがったので、まずは自分で試作をしていこうと思います。
    名前は、仮決めで、「おかしも」にしました。
    なんだかなつかしい響きですけど、おさない、かけない、しゃべらない、もどらないって、よく考えると、ヘンテコですね。

    当店の場合の意味合いは、おいしい!、かわいい!、しらない!、もういっこ!(仮)、です。

  • 2019/03/18

    今週は水曜日もやります。

    今週は、3日間、間借り営業します。お近くにご用事の方、なにとぞ。

    3/18(月)12~22時
    3/19(火)12~22時
    3/20(水)12~22時

    今週のテーマは、「読書会で読みたい本」です。
    人生は有限でありまして、読める本の量も限られております。できるだけ良質な本を深く味わいたいところでございますね。

  • 2019/03/17

    アドホックな読書会。

    最近、読書モードで、自分が興味を持てそうな本をじゃんじゃん買ってしまい、少しずつ読んでいるのですが、本を読むとやっぱり多少は誰かと語り合いたくなるし、また、語り合うことが予定されていると読み切るモチベーションも上がるし、ということで、なんだかんだ読書会というのはとても良いものだと思っています。

    自分のお店を持ったら、ぜひ定期的に読書会はやっていきたいと思っているのですが、でも主催するとなると、運用上いろいろ大変な面もあって、出席者の調整とか、話す量のバランスとか、そういうのをファシリテートするのはなかなか難しいし、また空気を読み合ったり、想定内の仲睦まじい内容になったりしてもつまらないし、ということで、だんだん疲弊して続かないということはよくあるようです。

    ということを考えて、もう少し読書をすることを中心にした、アドホックというか、追加オプション的というか、人間関係ではなくて本目的的というか、そういう感じの1回限定の読書会を淡々と定期開催していくような感じのイメージでやっていきたいです。

  • 2019/03/16

    バッグの呪い。

    今年からインスタをはじめて、特にコーヒーとは無関係に回文を一日一個投稿しております。
    私は、ツイッターはそれなりに面白いと思うのですけど、インスタの面白さがさっぱりわからなくて、だから投稿するだけでほとんど見ないし、知り合いとフォローし合おうとも思わないし、見知らぬ人からフォローされたらフォローを返す(解除されたら解除する)という以外は、いいねもしないし、という方針でやっています。

    だから、どちらかというと先方の商売上の目的で偶然フォローしてくれるケースが多いのですけど、最近なんだかバッグ系のフォロワーが多くて、正直バッグは、私の一番興味のないゾーンで、投稿を見ると思わずミュートしてしまうのですけど、まあバッグはともかく、そうやって見たくないものを見ないようにして生きていると、常識のないバランスを欠いた人間になっていくのだろうな、とは思います。

    まあ、でも、常識的でバランスのある人間のイメージも、もはや人によってまったく違うだろうし、仮にそういう人が存在したとしたところで、そういう人がコーヒー屋をやってもうまくいくとは限らないし、とにかく私は、バッグには興味ございません。

  • 2019/03/15

    自分の頭で考えること。

    久々に兄の家に行って、姪っ子たちと、積み木とかあやとりとかで遊んでいたのですが、いろいろ覚えが悪く、今年から小学生になる上の子に、「大人なんだから自分の頭で考えてやりなよ」的なことを言われて、おっ、となりました。
    それ、大切でございます。

  • 2019/03/14

    ホワイトデー2.0。

    富士そば新メニューの「ポテトチップスそば」が人気だとの話を最近聞いて、そういう、少しトリッキーではありつつも、ある種のアリキタリな組み合わせ商品で、今の時代もうまくいくことがあるのね、と思ったのですけど、新しいお菓子を考える上でも、やっぱりまったく新しいというのは難しいから、組み合わせとか、少しアップデートするとか、そういうところから考えていこうかと思います。

    ネーミングで言うと、バウムクーヘン2.0とか、スコーン2.0とか、2.0系の発想で。

    話それますけど、今日は、ホワイトデーで、ホワイトデーというのは、クッキーだったりキャンディだったり、ハンカチだったりストッキングだったり、バレンタインデーよりも何をあげてもいい感じで、もう少し対象を狭めてあげるとお返しする方も楽なのかな、と思います。
    というわけで、ホワイトデー2.0は、コーヒーがいいんじゃないかしらと思います。プレゼントなので、ドリップバッグがいいですね。
    ご注文いただければ、愛の回文メッセージ付きのギフトセットをご用意しますので、ぜひお問合せくださいませ(coffee@hiryuzu.jp)。

  • 2019/03/13

    わからないながらに。

    お手頃な物件が出ていたので、見に行ってみました。
    ぐふ。さっぱりわかりません。
    みんな、よく決められるな、と思います。

    わからないながらに、五感で何かを感じようとしましたが、本当にさっぱりわかりません。
    このわからない感覚を繰り返した後に、ここだ!!とトキメク場所があれば、そこになるのかと思います。

  • 2019/03/13

    東京みやげのお菓子。

    王道の喫茶店をめざすことに決めたので、へんに奇をてらわず、ひとつ定番のおいしいスイーツをご用意しようと思っています。
    私には作れないので、最終的には誰かにレシピをつくってもらうのですけど、種類は多くしたくないから、ちょっと王道で、飽きないけど、少し新しいお菓子を考えたいです。(前回考えたのは理論的にボツになりそうです。)

    というような話を喫茶でしていて、そういえば、東京みやげって冴えないな、という話題になりました。
    東京バナナが一番に浮かんでくるけどちょっと違うし、ひよこは本来福岡のお菓子だし、銀座ウエストとかヨックモックとか全国どこでも売っているし、ということを考えていくと、もう少し東京マイナーローカルで、尖っていて、そして自信を持ってお土産としてすすめられるようなお菓子があってもいいな、と思いました。そういうのを作りたいです。(また話が壮大になってきた。)

  • 2019/03/12

    教養は大事。

    喫茶をやっていると、お客様からいろいろな刺激を受け、自分の教養不足を痛感してしまいます。世の中は、昔も今も本当はちゃんと面白いのにずいぶんとつまらなく生きてきたなぁと思います。
    面白く生きるために、喫茶を面白い場所にするために、教養大事でございます。
    と、ボウズタイムに本を読めるのがコーヒー屋の良いところでございます。

  • 2019/03/11

    経営コンサル。

    最近、とても人生の選択に迷っているのですが、今日は、そういう迷いからの脱却へのヒントをくださるお客様が立て続けてに来てくださり、いろいろ実質的なアドバイスをいただけて、なんだか未来が明るく思えてまいりました。
    残念ながら、先日考えだした新たなお菓子の妄想は瞬殺されました。
    私の考えるようなことは、とっくに誰かが考えているから、結論としては、奇をてらわず、王道のやり方でがんばっていくのが良さそうだし、そのようなある種月並みなやり方で、必ずしも絶望的ではないということに気づくこともできました。

    というわけで、すみません。今まで決めた方針は、またもやいったんリセットで。。。

  • 2019/03/11

    震災から8年目。

    今週も、2日間、喫茶ひりゅうず@四谷三丁目ねこのやさん、営業いたします。
    3/11(月)12~22時
    3/12(火)12~22時

    お飲み物は各500円、おまけのお菓子はシガール、食べ物のお持ち込みは可能です。お酒はありません。

    震災から8年、ということで、本日のテーマは「震災対策」です。
    東北はまだ何も解決していなくて、それをわかっていながら、それから目を背けて、私は東京の地でのほほんと生きているわけですが、そのなんというか空元気な感じに自分でも嫌気がさしているし、何より、首都直下型地震の確立の数値などを見れば、他人事ではないことを知っているわけです。

    震災準備って、リュックに水と乾パンたくさん詰めて終わり、というわけじゃなくて、普段の生き方を変えていくということかと思います。生き残ってしまったならば、そこから生き抜かねばなりません。カオスの中でも、自分が他者に対してできることを見つけておきたいです。
    (あと、災害時にでも手軽に飲めて、おいしくて、元気になるようなコーヒーの開発もしたいです。)

  • 2019/03/10

    資金調達目標。

    年内には自分のお店を持ちたいと思っていましたが、無計画にやるのは自殺行為だと周囲からも力強く言われるし、今までの自分を振り返ると我ながらそう思うし、資金調達と事業計画はある程度事前にしっかりやらねばという結論です。
    資金調達については、これから1,000万円調達できた後にお店を持つ、という方針にしました。

    コーヒー屋はゆるゆる続けながらも、4月からしばらく働こうとは思いますが、他にもいろいろ手をつくしまして、可及的速やかに目標額を達成したいと思います。

  • 2019/03/10

    できるだけ浅く。

    最近の当店の定番豆は、エチオピアとケニアとブラジルピーベリーです。今日はそれに加えてコスタリカを焙煎。
    ケニアとブラジルは、割と深めの焙煎が気に入っているので、今までどおりでやったのですが、エチオピアとコスタリカについては、少し浅めにしあげたくて、今日はちょっと焙煎方法を変えてみました。

    コスタリカはいまいちうまくいきませんでした。しわが伸びて深キョンのような肌になる頃合いが煎り止め時とのことなのですけど、いろいろなタイミングでガス圧を調整するものの、なかなか2ハゼ前にその状態にならないです。
    えいやーっと早く止めてしまうと、生焼けっぽくなっちゃうし。
    イルガチェフェは、比較的いつもより浅めにできたかも。味見が楽しみであります。

  • 2019/03/9

    お菓子のイメージ。

    今日、友人の歌の発表会に行ったら、あまりに心地よい声に少しうとうとしてしまい、そして、起きた瞬間に、新しいお菓子のイメージを思いつきました。寝起きってヒラメキの時ですよね。
    完成のイメージは完成したのですが、作り方のイメージがさっぱりつかないので、しばらく秘密の研究モードに入りたいと思います。

  • 2019/03/9

    定番お菓子の条件。

    朝ドラでラーメンの話やっていますが、そこで出てきた、インスタントラーメン開発時の条件は下記でした。

    第1に、おいしいこと
    第2に、安く買えること
    第3に、便利であること
    第4に、常温で保存できること
    第5に、安全であること

    私も、真似っこして、まず、条件から考えてみます。おいしいとか安全とかあたりまえのことは省きます。

    第1に、一緒にコーヒーを飲みたくなること
    第2に、毎日食べても飽きないこと
    第3に、新しい名前をつけるに値するお菓子であること
    第4に、カロリーもしくは量を選べること
    第5に、テイクアウトできないこと

    長く考えていてもしかたないので、本日中にイメージ図を完成させてみます。

  • 2019/03/9

    バウムクーヘン。

    私はバウムクーヘンが大好きで、バウムクーヘンを食べる度、あの王道感と尖がり感のバランスにいちいち驚くのですが、ウィキペディアによると、バウムクーヘンは、カール・ユーハイムが、株式会社ユーハイムの前身である喫茶店「JUCHHEIM’S」で出したのが日本での初販売とのことです。

    残念ながら、当店のコーヒーは(おいしいですけど、)コーヒーだけでお客様が入るほどの尖がった何かはないので、バウムクーヘン的なおいしくていちいち驚くような食べ物と二本立てにしていこうと思います。お菓子はイメージだけ自分で考えて、誰かにレシピを作ってもらおうと思います。

    お店を持つことを具体的に考えていくと、いろいろ現実的になってきて悪くないのですが、どこかで「頭がウチュウ」的な状態を残しておかないと、ものすごくレッドオーシャンの世界に行ってしまうから、バウムクーヘンのような心持ちで、バウムクーヘンのようなお菓子を考えたいです。