飛龍頭くんのコーヒー雑記

  • 2018/05/23

    お試し豆販売@駒込

    今日は、12時~18時くらいでお試し豆販売@駒込のコワーキングスペース Alleybaseを行います。

    エチオピアの豆100gを限定数袋ご用意しております。

    その他、勉強、お仕事、会議ででご利用の方には、コーヒーサービスございます。エチオピアorコロンビアとなります。

    少々奥まったところにございますが、お近くにご用事のある方は、ぜひお立ち寄りください。
    イベント会場としても利用できるみたいなので、誰か、何か、コーヒー関連で企画してほしいです。

    今日は、お試しとなります。今後の販売スケジュールについては、別途お知らせします。ツイッターも始める予定です。

  • 2018/05/22

    抽出が決まらない

    日中、時間がとれず、夜に4バッチ。

    グァテマラ、グァテマラ、イルガ、イルガ。
    焙煎は、迷いを捨て、固定いたしました。毎回、お試しの変数はひとつのみです。

    比較的浅め(=サードウェーブ的には少し深めくらい)の焙煎でしばらくはやっていきます。

    ↓ 画像はいつも少し暗くなるのですが。

    美味しいといいです。きっと美味しいです。

    抽出はまだ迷いがあり、決まりません。決めないと。

  • 2018/05/21

    手廻し、甚だ難し

    今日は、イルガチェフのナチュラルを手廻しで少々。

    ↓ 昨日焙煎のイルガチェフ・ウォッシュト

    ↓ 今日焙煎のイルガチェフ・ナチュラル

    憧れて、憧れて、やってみて、うまくできなくて、諦めて、でも諦めきれずに、また憧れて、やってみて、飲んでみて。
    やっぱりうまくできんです。
    そんな甘い世界じゃぁございませんね。

    手網と手廻しは喜びとして。商売はR-101で。で、しばらくは。

    ところで、明後日23日より、駒込のコワーキングスペース Alley baseさんの一区画をお借りし、豆販売をさせていただきます。
    ちょっと奥まったところにありますが、静かで綺麗なスペースですので、お仕事とか会合とかでぜひご利用ください。
    コーヒーサービスもございます。

  • 2018/05/20

    ついに猿楽珈琲さん@弘明寺

    先日、岡山の折り鶴さんで、隣に座った方が神奈川から出張かなんかでいらしたとのことで、コーヒーに詳しい感じだったので、おすすめのお店を伺ったところ、どこそこあそこと知らないお店を教えてくださりました。
    そして帰り際、「ここで、おすすめが猿楽珈琲とか言ったらつまらんでしょ?」とフッと笑いながらかっこよく去って行きました。

    ↓ フッ、あばよ、みたいな感じ。

    不肖わたくし、猿楽珈琲さんに伺ったことございませんでした。(横浜、なんとなくおしゃれで苦手なのです)
    各方面の方から、絶対行くべきお店と、評判は伺っておりました。
    最近、お店巡りは自信なくすだけだからほどほどにしときな、と皆に言われておりまして、ひとまず、コーヒー屋巡りは、今日で最後なり(たぶん嘘)、と初訪問です。

    なんとなく怖いイメージがあったのですが、お優しい方とも聞き、それでもやっぱり恐る恐る訪問。

    ↓ 二十三番地珈琲

    ↓ デミタス
    写真を間違えて削除しました。

    やはり、美味しいです。きつすぎず苦すぎず甘く優しい味でございました。
    トラムさんともお親しいと伺っていたので、ひりゅうず通信5月号を持参し、例のごとく押し渡させていただきました。
    私のことも知っていてくださり、いろいろお話しやアドバイスもくださいました。大変うれしかったです。

    美味しいコーヒーをいただき、マックスに自信をなくしたところで、今日は手廻し1バッチです。
    しばらくは、いつものイルガチェフをメインで焙煎していきます。

    ↓ コリンズ手廻し機。

    先日コリンズさんとお会いした際に、豆がひょこひょこ飛び出てくるんです、とクレームを言ったのですが、豆の量が多いんでない?と言われました。
    豆の量は関係なく、廻すのスピードが速かった模様。ゆっくり廻したらあまり出てきませんでした。

    ↓ 冷却は、R-101の装置を使えて便利。

    しばらくは、よそ見せず、自分のコーヒーを追求してまいります。たぶん。

  • 2018/05/19

    抽出セット

    引き続き間借り喫茶の場所を探すと同時に、豆販売&試飲を今後いろいろな場所でできればと思っておりますが、その際の抽出はネルでなくペーパーで行う予定です。

    焙煎と同様、抽出についても、いろんな人がいろんなところでいろんなことを言っていますが、わたし、そっちの方面は勉強不足でございまして良くは知りません。抽出器具についても、いろんなサイトに、あれがイイ、これがダメ、書いてありますが、ひとまず、下記の組み合わせで行おうと思います。

    ■ポット:タカヒロ

    ■ドリッパー:ハリオのV60

    ■フィルター:コットンフィルター

    ドリッパーは、ハリオにするかコーノにするか迷ったのですが、ここはあえてV60で。アンチV60の方々ご容赦を。大きめのがほしくて、本日、新宿のヤマモトコーヒー店で購入しました。価格が大変リーズナブルです。
    フィルターは、進化し続けているというコットンフィルターです。

    この組み合わせで抽出の練習。イルガ3つ。

    ↓ 今日のひりゅう豆のイルガ、雨の日の珈琲さんのイルガ

    ↓ 折り鶴さんのイルガ

  • 2018/05/18

    日々、クリカエシ、クリカエス

    「駒込」「間借り」で検索して出てきた、コワーキングスペースに問い合わせてみまして、コーヒー豆の販売をさせていただけないかしら、と本日お話しに伺ってみました。良さそうです。ひとまず23日にお試しでやってみます。
    会議等の利用者の方にドリップしたものをお出ししたりもできそうで、ドリップ練習をがんばらねばです。たくさんの人がいてもパニックにならないように。

    それに向けて焙煎。いつものエチオピア・イルガチェフを3バッチです。
    狙ったところよりも少し深めになりましたが、美味しそうです。写真ないですが。

    焙煎、抽出、販売の機会をとにかく増やしていくところから、地道に。

  • 2018/05/17

    ひりゅうず通信5月号(珈琲トラム版)

    ひりゅうず通信は、5月からSeason2ということで、小説は毎回どこかのコーヒー屋さんをモデルにして書かせていただきます。
    今月号は、勝手に珈琲トラムさんです。古屋さん風の方にセラピスト役で出演いただきました。すみません。
    といっても主役はいつも私です。すみません。

    ↓ 無理やりお店に置いていただきました。

    カウンターの右端のあたりに。なんと慶珈琲さんの隣です。本当にすみません。
    でも、売れないコーヒー屋は図々しくなくてはいけません。
    限定12冊です(多い?)。ぜひお手にとっていただけるとうれしいです。5月過ぎてもなくなるまで永遠に置かせていただきます。

    関西の話などしつつ、デミタスカップでコーヒーを数杯いただきました。やっぱり美味しいです。

    ↓ 古屋さん自信作のコロンビア。これは甘い。

    ↓ 前回と違う焙煎のマンデリン。今回はマンデリン感あります。

    ↓ エチオピア・ナチュラル。以前よりもまろやかさが増したような。

    その後、6月号の許可を得るために、Ruins Coffeeさんへ。

    ↓ バリとチーズケーキ。うまし。

    例のごとく、ネルドリップの姿が美しいです。
    で、5月号とともに、6月号の小説部分をお渡ししました。途中でいらしたコーヒーに詳しそうなお客様にも押し渡して、逃げるように退散いたしました。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    その後、例のごとく間借り先探索。やっぱり駒込あたりを攻めてみたいです。

  • 2018/05/17

    今日のひりゅう豆・再開

    今日のひりゅう豆を、ブログ内に書くと少しうっとうしいので、ひとまずお知らせのところに移しました。
    http://hiryuzu.jp/todaysbean/

    ちなみに、通販でメルカリを友人に協力してもらって試しましたが、下記の感想をいただきました。

    ————————–
    メルカリから毎日毎日「受取り評価をしてください」というメールが届いてうるさいので、ようやく評価を入力しました。私としては頑張ってキラキラコメントにしてみました。
    さらに出品者が購入者を評価してようやく取引完了らしいです。
    しかも、ネットで見たところによると、購入前に「購入してもよろしいですか?」というメッセージを送るローカルルールがあるらしい。そして出品者はその人専用のページに書き換えるらしい。
    ————————–

    要するにとてもうっとうしいそうです。メルカリはやめます。

    6月からは間借り喫茶&豆販売の場所を確保したいと思っておりますが、ひとまず、ご購入を希望の方は、cafe@hiryuzu.jpまでお知らせくださいませ。お近くでしたら配達にあがります。

  • 2018/05/16

    岡山といえば・・・その2

    岡山といえば・・・

    ↓ 後楽園!

    まあ、それもそうなんですが、私の中での岡山といえば・・・

    ↓ 赤穂線の西大寺駅

    コリンズさん見学です!。
    女性は特別サービスということで、太田さんが駅から工場まで車で送迎してくださいました。

    焙煎機の商売だけでなく、土建とか墓石販売とか無線とか手広くやられていらっしゃるのです。

    ↓ 焙煎機関連の部屋

    ↓ 真鍮

    ↓ 大きい焙煎機。大豆を煎るみたいです。

    ↓ 豆を挽くうす。中の豆はコリンズさん焙煎です。

    ↓ なんと、今日は太田さんのお誕生日だそうで、プレゼントに折り鶴さんの豆を(笑)。

    ↓ 軽量スプーンをプレゼントいただきました。右側のを削ってスプーンにするらしいです。すごい!

    いろいろお話を伺えてうれしかったです。想像どおりのステキな方でした。
    手廻しの焙煎機もいろいろ進化していっているようで、商売繁盛の暁には新作も購入したいところです。

    当初は、もう一泊くらいする予定でしたが、いろいろ満足したので、関西旅行はおしまいです。
    明日から、コーヒー商売まっしぐらです。

  • 2018/05/15

    そして、岡山

    岡山といえば、もちろん折り鶴さんでございます。

    ↓ 表に店名の看板がないことを知りませんでした。

    ↓ エチオピア・ハラーをいただきました。

    店内、すばらしく、写真は野暮かしら、と思いましたが、コーヒーの装いがあまりに美しかったので、いいですか??いいんですね??と許可をとった後は、もうぱしゃぱしゃです。

    ↓ 黄金のブタ釜

    ↓ 富士珈機5キロのバーナー

    ↓ なんと(涙)

    店主の藤原さんにいろいろお話を伺うことができました。本当にステキな方です。

    迷い多き旅の途中で、旅に出て、さらに迷いを深めたところで、最後にこちらに伺うことができて、幸せでございました。
    滴一滴、で進んでまいります。

    ↓ 岡山城も見事でございました。

    ↓ 犬。なんだかそそる。

  • 2018/05/15

    まずは、六甲道

    以前、お世話になった陶芸の先生が、六甲道の「ギャラリー花六甲」さんで、今日から二人展をされるとのことで、訪問。

    その前に、時間があったので、いくつか喫茶店orコーヒー屋さんへ。
    火曜が定休日のお店が多く、迷った末に、

    喫茶ジュネさん

    ショッピングセンターのメイン六甲内のお店なのですが、外観上、まったく営業してる感じがないです、というようなことが食べログに書かれていたので、安心して入店。

    ↓ 営業している感じがない外観

    ↓ 驚愕の340円のモーニング

    ↓ 注意書きも

    この場所でもう40年以上続くお店だそうです。奥様が夜にバーをやられていて、ご主人さんが昼にお酒もありの喫茶店。
    やっぱり間借りはバー狙いが良いですね。
    ご主人さんと、常連さんから、神戸&六甲道の魅力を伺うことができました。こういうお店を発見できるとうれしくなります。

    ■自家焙煎KAFFEE FIKA 六甲店さん

    ↓ フィーカブレンドをテイクアウトで。

    「焙煎前にブレンドした中煎りや深煎りの豆を焙煎後さらにブレンドしました。適度な苦味と微かな酸味、しっかりとしたコクのある後味が特徴的です」

    プレミックスして、いろんな焙煎度で焙煎してから、それらをブレンドする、ということですかね。たしかに豆の色に濃淡があり面白かったです。

    そしてギャラリー花六甲

    ↓ ろくろでひいて、外に向けてちぎるみたいです。自然なうろこ状の文様になっています。新しい!

    ↓ デミタスカップとして使いたいぐいのみも多数。

    ひさびさに先生とお会いできてうれしかったです。
    また、陶芸やってみたくなりました。コーヒー屋と相性良いですね。

  • 2018/05/14

    主に宝塚

    もう一度京都に行きたかったのですが、連日のコーヒー疲れで、近めの場所で。
    コーヒー店は、今日は一店のみです。

    讃喫茶室さん@逆瀬川

    ジェントルビリーフの浅野さん(とかいって面識ないのですが)のご実家とのお話を聞きつけ。
    店内ステキです。

    ↓ ブレンドの「和」

    こちらは、ネルドリップで淹れてくださるのです。まさに、和、という感じのバランスの良いおいしさでした!。

    ↓ 宝塚劇場

    ↓ 手塚治虫記念館

    ひたすら手塚漫画を読んでいました。天才。

    コーヒー(とケーキorトースト)ばっかりはやっぱり飽きる。カレーか穴子が食べたい。

  • 2018/05/13

    主にミュンヒ

    今日は、雨の中、2店。

    ■まつもと珈琲さん@伊川谷

    伊川谷に宿泊させていただいていただいているのですが、自家焙煎のお店がありましたので訪問。

    ↓ 富士珈機5キロ

    ↓ ネパール! ネパールはじめてかも

    店主の方、穏やかで、ステキな方です。コーヒーも美味しかったです!。

    そして、雨に濡れながら。

    ■ザ・ミュンヒさん@高安

    ↓ スパルタン

    ↓ スパルタンを淹れるときのネル

    ↓ R-101!!

    ↓ 熟成樽仕込み氷温コーヒー20年物

    驚愕。このスプーン1杯のためだけに関西に来る価値あります。コーヒーの次元を超えた味。プルーンみたいに甘い。
    コーヒーにはまだまだいろんな可能性がある、と思えます。

    ↓ マンデリンの超デミタス

    150g30cc。超細挽き。目の前で淹れてくださいました。
    他のお店のコーヒー豆とも比較しつつ。両方美味しかったけど。

    16時に伺って20時まで滞在。コーヒー観だけでなく人生観も変わります。

  • 2018/05/12

    主に奈良

    アームズのたけっち先生ご夫妻がカカオのワークショップ等で関西にいらしているとのことで、まる一日ひっついていろいろご一緒させていただきました。

    グルペットさん@京橋で、アームズ焙煎。アポロ焙煎機です。

    コロンビアのボナンザとコロンビアのシエラネバダをそれぞれ400gずつ焙煎しました。
    やっぱりアームズメソッドでの焙煎が私の原点です。落ち着きます。

    ランチの後、奈良の宇陀にてつぼ焙煎機を見学。陶器の焙煎機です。

    ↓ 大型。ガスの関係で実際の焙煎はできませんでしたが、すごいです。なんの土を使っているのでしょう?

    ↓ 小型。実用化・販売されているそうです。1ハゼの音に感動しました。遠赤外線焙煎で美味でした。

    ↓ 犬。

    その後、ならまちへ。アームズさんは奈良にも拠点をお持ちになるようでそちらも見学できました。

    ↓ 夕食は、フランス料理。最後のコーヒーはお店の方の手網焙煎だそうです。

    奈良、いいです。いろいろ熱いです。

    夜遅くなってしまい、電車がなくなりそうで、最後あせって、三宮と西宮を間違えて、さらにあせって、もはやこれまで、とか思ったりしましたが、なんとか終電でたどりつけました。

  • 2018/05/11

    主に京都

    京都コーヒー店3つ。

    京都駅を出て、河原町通をひたすら歩いて北上。結構歩きました。

    ■FACTORY KAFE 工船

    エチオピアのこってりにしました。30gで90cc。なかなか贅沢な豆使いです。ネルドリップです。
    出涸らし部分もポットで提供されます。へぇ。
    酸味がジューシー系で美味しいです。濃いけれどきつくなく綺麗な味でした。
    一緒に頼んだチーズトーストのチーズ量の度合いがまたすごかった。カマンベールがたくさん。

    ↓ こちらもブタ釜なのですね。

    少し川の方に出て。

    ↓ すぐ近くに、以前、1週間くらい仕事で通ったことのある建物。なつかしい。

    続きまして、

    ■王田珈琲専門店

    少しびくびくしながら入店。ブレンドです。ゆっくりのネルドリップです。

    手廻し&深煎りで、キュイーンとくる感じなのかと予想していたのですが、違いました。優しめの味です。甘く綺麗な後口のコーヒーです。
    美味しいです。

    店主の方のキャラキャラ具合も有名なお店ですが、見た目は確かに少し怖く、ちょっと話すとやっぱりちょっと怖く、よくよく話すととても親切で優しい方でした。ちゃんと自分の哲学を持っている方の話は面白いです。
    焙煎手法の話も含めいろいろ伺えて、腑に落ちる部分が多くて、大変勉強になりました。もう一度、私も、今ある思い込みをリセットした方が良いかもしれません。と思いました。

    河原町通に戻り、ほんの少し歩いて、

    ■六曜社 地下店

    ↓ ハウスブレンドです。

    コーヒーの味云々より、雰囲気が圧倒的です。しみじみと沁みる接客です。すごい。

    また、歩いて京都駅まで。京都は、まだまだ回り足りないので、また行きます。

  • 2018/05/10

    主に大阪

    大阪コーヒー店3つ。

    ■井尻珈琲焙煎所@大正

    ネルドリップでいただきました。
    このお店、とても好きです。行って本当に良かったです。また伺いたい。

    ■ばん珈琲店@森ノ宮

    ↓ 入口に年代ものっぽいR-101を発見。

    グァテマラ・アンティグアをいただきました。
    R-101で、下に備長炭?を置いて、炭火焙煎との情報。へぇ。

    大阪城を眺めつつ歩いて次のお店へ。

    ↓ 遠いのをアップしたので絵のよう。

    ↓ 近づいた。

    ■星霜珈琲店@天満橋

    複数の方に教えていただいたので、有名店なのかと思われます。
    手廻し、深煎り、ネルドリップのお店です。本棚もコーヒー愛を感じるラインナップでした。

    エチオピア・ハラールをいただきました。

    いろいろお話を伺うことができました。
    店主の方がとてもやさしそうな方だったので、すみません、すみませんと言いながら、ひりゅうず通信5月号を押し渡すこともできました!。関西デビューです。

    そのまま歩いて大阪駅まで。

    その後、三宮から、ホームステイ先の方のお友達の運転で、六甲山をのぼり、見事な夜景を。
    道のくねくね具合にやられて、途中げーげーとやりつつも(大変すみません)、楽しかったです。

  • 2018/05/9

    主に三宮

    新神戸。

    三宮。
    いくつか適当に小さめのコーヒー屋さんへ。ちょっといまいち。

    ↓ ここは行っていませんが、外観は神戸っぽくて良いです。焙煎機はプロバットの模様。

    生田神社。

    ↓ 縁結びで有名みたいですが、小さな神社がいっぱいあって商売繁盛の神社も。

    ↓ なんとなく献血がしたくなって、成分献血。

    受付時間ぎりぎりに行って、きづくと私だけで、血が出るスピードも遅くて、最後血圧が低すぎて何度も測りなおしてもらい、残業させてしまったかも。

  • 2018/05/9

    今朝の味見(エチオピア2種)

    ■雨の日の珈琲さんのイルガチェフ・コケ(深煎りの方)

    ↓ もともとデザイナーもされていたそうで。パッケージがおしゃれです。

    ↓ コケのナチュラルです。エチオピアはナチュラルがメインとのこと。

    ↓ 比較的深煎りのレンジで、「香り」と「甘み」のコーヒーを追求されているとのこと。

    豆のときの香りも強いです。味も力強く出てきます。もちろん甘みあります。生豆を水洗いされているとのことでクリーンでもあります。美味しいです。
    焙煎の理論的な部分でも高い知見をお持ちのご様子でした。何でもできますね。人形も作るそうです。

    ■私のイルガチェフ・ウォッシュド

    比較しますと、私のは、香りが弱いです。というか全体として弱めです。でも、まあやさしく飲みやすいです。
    私は、どちらかというとマイルドな甘みを追求したいです。あとジューシーでやさしい酸味。

    香りももちろん出したいですがそれほど重視はしていないです。たとえば、パナマベルリナのナチュラルなんかだと豆の香りは本当にすばらしいのですが、好みの味にしあげるのがとても難しいです。
    という感じで他の方のコーヒーを飲むといろいろと自分のこだわりたいところも見えてきて良いです。

    今日から関西なので、いろいろ回りたいです。

  • 2018/05/8

    雨の降る火曜日は珈琲について考えよう

    雨の日の珈琲さん@柏。

    ↓ 井上製作所3~4kg。熱風。熱風!

    最初はグジ。

    ニカラグアに、タンザニア・タリメを合わせていただき、超濃厚デミタス。

    おまけのコロンビア・ボナンザ。

    こういうお店があるから珈琲店巡りはやめられません。
    自分の味を追求しつつ、コーヒー豆を売って商売する、とはつまりこういうことだ!、というお手本のようなお店です。

    長い期間、日々コーヒーと格闘し続けている人たちにしか見えないものがあって、それを私もいつか見えるようになりたい、と心から思いました。もはや、年を取り過ぎた感はありますが。。。そこをなんとか。

    経営関連については私にとって耳の痛い話ばかりでしたが、この人みたいになるのは不可能ということで、かえって今の潜在意識丸投げのやり方のままでいこうと覚悟も決まりました。

    豆は、マンデリンとイルガチェフを購入。
    まずは、もう一段階、コーヒーが少しわかったー、と実感できたタイミングでまた伺いたいです。

  • 2018/05/7

    雨が降っています

    今日も雨、明日も雨、明後日も雨だそうです。
    明日から関西行く予定でしたが、諸事情で、明後日に変更になったので、明日は雨の似合うコーヒー屋さんでも回ろうと思います。

    もともと関西行きはアルバイトのついでだったのですが、話が先方の都合でぼつったので、担当の人に、「結局自腹で行くことになったから、お詫びにコーヒー200g買ってください」、と脅すように言いましたが、先方の方が一枚上手で、華麗なる手順でかわされてしまいました。世の中の人は、みな、生きるのが上手です。

    いずれにしても、やっぱり飲みたい人に買ってもらわねばなりません。あたりまえですが。

    間借り先探索、今日は、茗荷谷とか、後楽園とか、本郷三丁目とかをキョロキョロと見て回りましたが、これといってびびんと来るところはありませんでした。サイズ的には交番とか良いのですけど。

    ↓ 疲れたので、将棋の渡辺くん。

    渡辺くんも疲れていますでしょうか。賛否両論かと思いますが、私は結構好きです。
    将棋指しとコーヒー屋は少し似てますね。