お知らせ

  • 2019/02/24/

    生焼け感。

    コーヒーが生焼けのときの味、わかりますでしょうか?
    言葉にするのは難しいのですが、結構特徴があってわかりやすいです。
    浅い焙煎ではこの生焼け感を出さないようにするのは結構難しくて、私も一定以上の浅さにチャレンジすると出てきてしまいます。だから当店、現状、深めの焙煎のみでやっています。

    じゃあ、浅めの焙煎ができてるお店は神か、というとそうでもなく、平気で生焼け焙煎豆を販売しているお店も結構あるようです。生焼けの味が好き、という方もいるかもしれないので別に良いかと思いますけど、私はあまり好きではないです。私が好きなコーヒー屋さんでは生焼けコーヒーは出てこないです。

    ちなみに、生焼けになりやすい豆というのはあって、例えば当店で今使っている中では、ペルーとブラジルが生焼けになりがちです。結構ゆっくり深くまでやっても時々出てしまうので、生焼け防止については、その秘訣をいろんなコーヒー屋さんに伺ってみたいです。

  • 2019/02/23/

    再現性の先へ。さらに先へ。

    お試しで使ってみていたニカラグアの豆の焙煎の加減がなかなかつかめなくて、なかなか思うような味になりませんでした。
    なので、自分でたくさん飲んだのですが、ちょっとドリップを変えたら、結構おいしくなって、焙煎の状況によってドリップを瞬時に最適化できたら強いな、と思いました。ときどきそういうドリップの天才みたいな人います。

    安定した味や再現性を追求する上では、変数はなるべく少なくした方がよいから、ドリップを固定して、それにあわせて焙煎を試行錯誤する、というのが一般的なやり方なのかもしれないんですけど、焙煎するときはそれでもいいですけど、いざ焙煎が仕上がった後は、できるかぎり、そのコーヒーを一番輝かせるドリップができればそれに越したことはないですね。

    ただ、再現性も、さらにその先も、どちらかというとAI的なものが得意な分野だと思うので、人間コーヒー屋としては、さらにその先へ行かねばなりません。
    で、そういうふうに考えてるから、どこにも行けてないので、まずは、完全なる再現性をめざしてがんばります。

  • 2019/02/23/

    コーヒーとプラシーボ。

    ツイッターで、「コーヒーの味は納豆に近い」というツイートを見て、その後、コーヒーを飲んだら、なんだか納豆の味に思えてきました。
    私は納豆も大好きですけど、やっぱりコーヒーが納豆味だとちょっと微妙だな、と思います。
    完璧なる絶対味覚でも持っていないかぎり、多かれ少なかれ、コーヒーみたいなわかりにくい飲み物はプラシーボの効果を受けてしまい、そういう意味では、お客様にコーヒーを提供する際には、その点にもっと気を使わなければなりません。

    店主が自分のコーヒーに愛着と自信を持って堂々とお出しする、というのはもちろんなんですけど、それ以外にも、そのコーヒーの良さを引き出す環境とか表現というものを洗練させていくというのは、大切でございます。

    昨日、本屋さんの店番でお客様と話をしていたときに、その方のご友人が末期ガンから奇跡的に回復して本まで書いた、みたいな話を伺いました。その方は、話を聞く限り、完全完璧ポジティブな性格で、もちろん本当のところはわかりませんけど、抗がん剤で髪が抜けてしまうとか、そのガンで自分が死んでしまうとか、そういうことをまったく信じなかったようです。
    特定の薬が効いたということもあるようですが、メンタルの部分もやっぱり大きそうだなと思いました。

    コーヒーをおいしく飲めるかとか、コーヒーを飲んで幸せな気持ちになれるか、みたいなところも、人間のメンタルの部分がとても大きく影響するから、コーヒーそれ自体の絶対的な味や品質の向上とともに、もっといろんな方向からコーヒーをいじくることで、コーヒーは無限の可能性を発揮するものと信じております。楽しそう。

  • 2019/02/22/

    人間が猫を愛する理由。

    今日は、猫の日です。
    以前、私は、自分のことを猫好きだと思っていたのですが、最近、たくさんの猫好きな方とお会いする機会があり、その真実の愛にふれたとき、私は、自分を猫好きだと公言することができなくなりました。

    ただ、なんで猫があんなにも熱烈に人間に愛されるのか、ということには興味があって、今までもいくつかの理由を考えました。
    (理由案)
    ●裏切らないから
    猫には期待しないから、裏切られない。完全なる猫みたいな人間がいたらどう考えてもダメだけど、猫なら許せる。
    ●堂々と愛せるから
    人間は愛されるより愛する方が本当は好きで、猫なら心おきなく堂々と愛せるし、猫は嫌なときは嫌な顔をしてくれる。人間だと他人目が気になるし、うざくてもうざいといってくれない可能性も高く、場合によってはセクハラになってしまう。

    と、ここまでは、ちょっと猫じゃなくても良い気がするので、もう2つ、追加で考えました。
    ●ルックスやしぐさがかわいいから。
    もしかしたらこれがすべてなのかもしれません。人間は猫の生存戦略に見事にひっかっかっているわけです。
    ●視線が合うから。
    これは、最近私がはまっている宮台真司先生がよくおっしゃっていることですけれども、人間は視線が合うということで対象を好きになるようで、最近は以前より人間同士で視線を合わせなくなっているとのことで、そういう点で、猫となら、目と目で通じ合うが堂々とできるわけです。

    だから何だと言うわけではないのですけど、猫もいいですけど、やっぱり人間同士も深く愛し合うのが良い社会だと私は思っているので、そのヒントになれば良いな、と思います。

本店ちず


大きな地図で見る

東京都XXXXXXXXXX
最寄駅:○○線 XX駅 徒歩4分