コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/12/10

    ドリップバッグでの淹れ方

ブルックスのドリップバッグのCMを見ると、コーヒーの内袋をお湯に浸す方法で紹介されているのですけど、当店のドリップバッグの場合は、理想では下記の方法をお勧めしております。

①深めのマグカップにドリップバッグをカパッとはめます。

②お湯を3回くらいに分けて注ぎます。(ドリップバッグの場合は、熱湯でも90度に保温されている電気ポットのお湯でもなんでもかまいません。)

③1投目のお湯が半分くらいになったら、2投目を注ぎ、それが半分くらいになったら3投目を注ぎ、それが半分くらいになったら、カップからはずし別のカップに移します。最後に落ちるのは出がらしなのであまり美味しくありません。

④コーヒーの袋がお湯に浸ったままにならないようにカップと湯量を決めてください。(当店のドリップバッグは横広のパンプキン型なので使いやすいです。)

なのですが、通常のドリップでも③が結構手間です。最後まで落とさないようにするともうひとつカップが必要になってしまうのです。

そこで、ジャジャジャン、、、というような商品をどなたか開発してほしいですが、便利なのグッズができるまでは、お湯を最後まで落としてしまって大丈夫です。ドリップバッグは手軽さと美味しさがその良さでございます。