コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/11/7

    焙煎度

昨日は、お世話になっているコーヒー 屋さんに、お世話になっている紅茶屋さんとともに訪問いたしました。土日のみ営業のお店ですが、特別にオープンいただき、コーヒー とケーキをご馳走になりました。焙煎室も見せていただいた。なんか隠れ家みたいで格好良かった。

コーヒー の一杯目は、「エチオピア イルガチャフェ ベレカ G1 ウォッシュド」をいただきました。こちらの豆、私も最近はじめたので、興味津々。かなりの超深々焙煎で、そちらも興味津々。結果、本当にまったく味が違いました。私の焙煎だとちょっと梅仁丹のような酸味が出るのですが、さすがにあそこまで深く焼くと酸味は消え去り、ですけど、色の割に焦げた感じも少なくおいしくいただきました。二杯目のタイもまろやかだった。

焙煎しているとついいろんな種類の豆で試したくなりますけど、味の違いが出るのは、品種よりどちらかといえば焙煎具合の方が大きいので、同じ豆を様々なグラデーションで焙煎するお店というのも楽しそうです。どれかひとつの豆に決めろ、と言われても決められませんが。。。

ちなみにケーキもすばらしかったです。奥様はお菓子本も書いていらっしゃり、お菓子の教室もされていらっしゃり超プロの方。やっぱりご夫婦で、お菓子担当とコーヒー担当 、という組み合わせは最高です。