コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/10/9

    コーヒーの価格設定について

本日は、3種焙煎しました。最近は、売れ行きを考慮せず、こまめに焙煎するようにしておりましたため、だんだん焙煎方法にも味にも安定感が出てきております。年内は、継続性を念頭に置かず、採算度外視の価格設定をしております。特に、「コーヒー豆:おまかせ3種(100g×3)」は、キャンペーン価格の1,400円(+送料300円)で販売いたします。この機会にぜひお試しください。

当店の価格設定ですが、豆の品質や手間や規模を考えるとひどく安いです。商売として考えるとまったくナンセンスですし、実際にきちんと売れたとしても生計は成り立ちません。ご批判をいただくことも多いです。ですけれども、いわゆる品質ではなく価格第一のコーヒーの価格帯と比べればひどく高いともいえます。そういう意味では当店のコーヒーは価格だけ見れば中庸です。そして、中庸であるということは大切なことなのではないかと私は思っております。

今のままでは、商売として自立することは不可能ですので、来年から価格体系(というよりも商売の内容)を見直す必要はもちろんあるのですが、それでも美味しいコーヒーをお金持ちだけの飲み物にしたくはないですし、当店のコーヒーは、特別なものではなく、毎日の常用コーヒーとして飲んでいただきたいという思いもあります。

まだ、どうすればビジネスとして成り立つのか結論はさっぱり出ておりませんが、本日の結論としましては、ひとまず、年内にぜひ一度当店のコーヒーをお試しください!!!