コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/09/19

    感謝の心をもって

秋らしくなってきました。秋といえばコーヒーの季節です。

ですけど、春も夏も冬もコーヒーの季節なので、ちょっとありがたみがないです。桜も春だけちょこっと咲くから花見をしようと思うわけです。なかなか行けないと思うからわざわざ飛行機に乗って海外旅行に行くわけです。和栗も秋しか食べられないから永遠に好きでいられるわけです。

今まで行ったこともないお店なのに、閉店すると聞いたとたん並んでまで行きたくなったり、そういう人のおかげで閉店をまぬがれたら、閉店商法だっ、と文句を言ったり。スカイツリーができたとたんに東京タワーの方が良かったと言ったり、そう言いながらも混んでるスカイツリーに行って嬉々としてインスタに投稿したり。

コーヒー産地の国はコーヒーを飲まないところも多いみたいだけど、それを聞いて、えっ、なんで、もったいない、とか反応するのに、自分たちもそれと同じようなことをしているわけです。

きっと人間の脳はそういう風にできているのだと思うから、それを前提にしまして、それならば、もう少し長いスパンでものごとを考えるといいかもしれません。人は必ず死ぬので、人生は一度きりなので、悔いのないように云々、という理屈と同じです。コーヒーはいつかは枯渇します。人類がいつか滅びるのと同じですが、それよりも早い可能性があります。それは人類のせいかもしれません。人間が飲みすぎるからです。

コーヒーをもっと飲もうという結論にしたかったのですが、ちょっと失敗しました。とにかく大切に大切に感謝の心を持って飲みたいです。