コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/09/7

    哲学喫茶

昨日、会社でちょっとお話した方が、これまでバリスタやったり、バーテンダーやったりしてて、エスプレッソについていろいろ教えてくれたのですが、この方、エスプレッソもコーヒーもお酒もご自身では飲まないらしく、その分ロジカルだし、味以外の色とか香りとかいろいろなポイントで良し悪しを判断されていた感じで、へへぇ、と思いました。接客が大好きな雰囲気でしたが、やっぱり飲食をやりたいと思うのはいろんな理由があっていいですね。

夜に哲学カフェの会合があって、こっちも面白かったのですが、自分のコーヒーとコーヒー好き度には限界がありながらも、やっぱり哲学喫茶というものをやってみたいという気持ちは今も強くあって、最終の目標としては、そこかな、と思います。ちょっと私のコーヒーは哲学的というにはスッキリ系なので、もう少し奥深さというか複雑性を出せればとは思います。