コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/08/28

    豆の底力を信じる

当店は豆を洗ってから焙煎していますが、洗うことによって、もちろん汚れやカビは落ちるだろうけど、他に美味しさの要素となる部分の味と香りも抜けてしまう、というふうにも言われます。

もちろん、まったく抜けないことはないだろうから、ある程度は、トレードオフなんでしょうけど、私は、洗う方を選んでいます。安心してたくさん飲めるし、焙煎もやりやすいし、ちゃんと美味しいです。

豆の洗い方についてはいろいろですけど、先日教えていただいた方法の中に、「生豆が素晴らしい場合は(洗った)水の香りもよい・・・が捨てる(生豆の底力を信じる)」という記載がありました。「豆の底力を信じる」という言葉はビビンときます。おいしいコーヒーを焼く人は、豆の力を信じて、豆ときちんと会話しながら焙煎しています。それができるかどうかです。