コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/08/2

    1ハゼまでの時間

最近は、1バッチ豆600gくらいで、火力一定ダンパー一定の一本焼きでやる場合が多いのですが、ちょっと火力の設定がいまいちなのか、ダンパーを開けすぎなのか、1ハゼまでの時間が13分〜14分程度かかります。今までは、10分程度だったのでだいぶ長くなっています。1ハゼまでに時間をかける分、生焼け感は出なくなったのですが、その分、少し味が抜けているような気もしていて、次の焙煎からは、もう少し火力を上げていこうと思います。

何度も参加させていただいている焙煎講座では、1ハゼまでを、豆の量や焙煎手段(手網、手回し、機械)に限らず、同じ時間となるようにめざす手法で、そうすると1回の焙煎の中でのやりくりの方向性がわかりやすくなってとても良いと思いましたが、最終的には、一本焼きで、1ハゼまでの時間と2ハゼまでの時間を最適化できるような初期値の設定を、気温や湿度や豆の種類に合わせて、ピッと見いだせるようになりたいと思います。