コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/07/30

    試行錯誤の後、シンプル

最近、火力一定、ダンパー一定の一本焼きで焙煎を試しておりましたが、1バッチ手前でどうしても火力を上げたくなります。答えはシンプルであってほしいですが、試行錯誤の後のシンプルでなければ、美しさは出てこない気もしてきました。なんでも同じです。

正解なんてないとわかっていても、それでも、どこかに絶対的に美しいコーヒーがあるのでは、と妥協せず、なりふりかまわず、追求していくところにコーヒー屋としての喜びがある気がします。

他の仕事でもそうですが、なんでも本気やらないと、世の中は面白くならなくて、仕事でも家庭でも趣味でもいいですけど、自分が本気を出せる道を突き進んでいけたら、よござんす。