コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/07/7

    豆を粉にする、グリグリ回すやつ

本日、友人と「塩田千春展:魂がふるえる」@森美術館に行ってみました。私は芸術に極めて疎いので、塩田千春さんという方は知らなかったのですが、作品も作者の方のイメージも、これぞアート、これぞ芸術家、というビビビ感があり、とても気に入りました。なんというか人生を考えてしまうようなアートです。アートはそうでなくてはなりません。

当店も、当店のコーヒーを飲むと、思わず人生を考えてしまうような、魂がふるえるような、薄暗くも希望のあるコーヒー屋になりたいところでございます。

さて、話は変わりますが、一緒に行った友人が、最近「豆を粉にする、グリグリ回すやつ」を購入したとのことで、当店のコーヒー豆を要望してくれました。私は、この「豆を粉にする、グリグリ回すやつ」という言葉がいたく気に入って、これから手回し式のコーヒーミルのことは、そのように呼ぼうと思います。

コーヒーは粉にしてしまうとどうしてもその命は短くなります。できましたら、ご自宅で豆を粉にする機器をご用意いただき、コーヒーは豆のまま購入し、都度グリグリと挽いて淹れていただくと、より美味しくお飲みいただけるかと思います。