コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/03/23

    ドリップロボット。

ラジオ番組で、タコ焼きロボットとかが既にかなり実用化されている、とかやっていて、タコ焼きがいけるなら、ドリップもいけるだろうな、と思いました。

私は、ドリップが苦手だから、ぜひ導入してみたいです。スイッチを変えれば、タコ焼きだったり、たい焼きだったり、パンケーキだったりも作ってくれたら、私は何もしなくても喫茶ができるわけです。

そう考えると、これからの時代、コーヒー屋がコーヒー屋であるためには、ドリップをしなくても、スイーツを作らなくても、存在自体がコーヒー屋になるべく、いついかなるときも24時間コーヒー屋モードであらねばならぬのだわ、と思いました。(?)。