コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/03/4

    本屋とコーヒー屋はお金が第一ではいけない。

ツイッターなどで出回っている記事「なぜ書店にヘイト本があふれるのか。理不尽な仕組みに声をあげた1人の書店主」というのを昨日読んで、ちょっと衝撃を受けました。
特に「見計らい本」のとこ、ほしくもない本が勝手に送られてくるって、どういうこと!?って感じです。
これ、本屋さん業界では常識だと思うのですが、世の中にはびこるダメ常識の典型だと思う。絶対に変えるべきです。

本屋にしても、コーヒー屋にしても、特に個人店は、お金を稼ぐという意味では、ろくでもないビジネスモデルです。それでもあえてやるのは、人に雇われて働くことでは実現できない喜びや自由があるからです。

生きてかなきゃいけないから、もちろん売上とかにはこだわる必要あるけど、そのために、自分が本屋やコーヒー屋をやっている一番の意味や動機が破壊されちゃうようなやり方なら、そこはぐっとこらえて、他の施策を考えるべきです。

とにかく、本屋のこの仕組みはおかしい!。