コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/02/9

    自分以外の誰かになりたいか。

明日からの喫茶のテーマは、「自分以外の誰かになりたいか」です。

私は、自分以外の誰かに絶対にならなければいけないと言われて、誰でも選べるとしたら、磯田道史さんになりたいです。人生、楽しそう。
でも、今回のテーマは誰になりたいか、ではなくて、本当に誰かと入れ替われるとしたら、本当に自分をまるっと捨てて、まるっと誰かになりたいか、ということです。

平野啓一郎さんの小説「ある男」の設定とかとも違って、肩書きや表向きの過去だけでなくて、記憶も思考も感情もルックスも人間関係もすべて他人になるということです。

私は、やっぱり自分でいたいなと思っていたのですが、1日だけ試してからどちらかを選べるなら、ちょっと試してみたいです。