コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2019/02/6

    ドリップの最初の一滴について。

当店、現状、コーヒーのドリップについては、最初の方に抽出される液体の方が、濃いしおいしいし雑味も少ない、という考え方のもと、なるべくたっぷりの豆量で、ゆっくり濃く抽出をして、場合によってはお湯で割る、という考え方を基本としております。

まあ、それはいいとして、最初の一投目のいわゆる蒸らしの際に、お湯を入れたとたんに、時々、つつつぅと薄めの液体が落ちてきてしまう場合があり、そういうときの味と、蒸らしを踏ん張って、最初の一滴がとても濃く落ちてきたときは、明らかにおいしさが違うように思います。

たしか、かもめ食堂という映画で、ドリップの1杯目は捨てた方がおいしいみたいのが出てきていた気がしたし(勘違いだったら申し訳ありません)、時々、コーヒー屋さんでも最初の方の液を捨ててる場面を見かけるのですが、それって、そういうつつつぅと粉をうまく通らず早まって落ちてきてしまった液体を捨てているということなのでしょうかね?(空に向かって質問)