コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2018/12/11

    手網焙煎

浜町のとうとうさんで、片野さんという方の手網焙煎のイベントがありまして、大変勉強になるからということで、本日参加してみました。

今日は、「手網焙煎ブラジルのトミオフクダを味わい尽くす会」という名目で、トミオフクダのドライオンツリーの豆を、いくつかの焙煎と抽出で飲ませていただいたのですが、まっこと、美味しかったです。飲み頃のものはもちろんなのですが、焙煎直後でも、生感も焦げ感もなく、あの甘味が出るのはすごいと少しびっくりいたしました。私のトミオよりおいしいです。焙煎途中も含め、煎りムラがなく綺麗とのこと。
一緒に参加してらした方もみなプロの方で、久しぶりにどっぷりコーヒーの話もできて楽しかったです。

手網焙煎は、商売を考えるとはなかなかハードルが高いですが、手軽だし、焙煎時に人間が関われる範囲が一番広く、味の上限も高いので、いつか、珈琲人生がどんづまりになったときの希望の光でもあります。
最近、やっておりませんでしたが、モチベーション維持のためにも、継続的にやっていこうと思いました。

大変おすすめのイベントですので、みなさまもぜひに~。