コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2018/07/23

    当店、生産性ありません

今日はひとつ納品を終えたのでほっとしました。

私は、根本的にひっこみじあんなタイプなので、営業とか接客とかはひどく苦手です。
本当は誰かの後ろに隠れて、もくもくと焙煎をしていられればうれしいのですが、コーヒー屋さんは、私と同類のもくもく好き派の方がたぶん多い(?)から、その誰かは私には回ってきません。
下手くそながらに自分にできる範囲で対応していくしかありません。
私にできることは、私にできることを地道に繰り返すことだけであります。

でも、ドリップバッグは生産性悪くて商売にはなりませんです。
生産性といえば、杉田議員のLGBT「生産性なし」の寄稿が炎上していますが、私なんかだと、生産性ということばを聞くと経済的なところで考えてしまいますが、この人の生産性は生物的ですね。どっちにしても私は生産性ゼロ人間です。

生産性を徹底すると、シロアリ的な社会になると思うんですけど、シロアリってなんだかあんまり幸せそうには見えないんですよね。
でも、幸せって人それぞれだから、シロアリ派とか、イヌ派とか、ネコ派とか、いろいろいるのが人間らしいのかもしれません。

わたしは、なんたって、アリ派です。
今日の一冊は、「蟻の生活」 モーリス メーテルリンク (著)

本としては「白蟻の生活」の方が面白かったですけど、アリの方が、シロアリより生産性悪そうで、共感できます。

↓ 中古の本屋さんで買ったら、下記の付箋がはさまってました。

↓ ネコ派の方へはこちら。4匹います。