コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2018/07/5

    「名店の名言」シリーズ・その1

7月号掲載分です。
又聞きのもあるし、うろ覚えで適当に再現しちゃったのもあるし、ひとつは珈琲屋さんの言葉でないし、でも、なんだかよくわからないけれど、私の心に響いた言葉です。

・「当店のコーヒーはまだ発展途上です。誰かに教えるとかいう段階ではありません」
・「我社はコーヒーは出ません。水ぐらいは出ますので安心ですよ」
・「この味は、私にしか出せません。これは伝説になります」
・「3年だね。店を開いて3年くらいは味だけ追及してればいい。でもその後は味じゃないよ。人間性」
・「ウチは珈琲屋ですので、誰がいつ来ても大丈夫です」
・「どうしていいかわからなくなったら、一旦すべて初期化してみるといいですよ」「何が初期値だかわかりません」「そうですか」
・「たまに天才はいます。でも多くの凡人は、データをとりながら繰り返し繰り返し焙煎してみるしかありません」
・「【やる】か【やらない】しかないのです」
・「それなら、あなたはもうコーヒー屋です」

でも、やっぱり言葉は言った人とセットじゃないと、ぴんと来ないですかね。

↓ ただの「勝ったー!!」なのに、中村太一が言うと59もリツイートされてる。

7/6(土)と7/7(金)は、12時頃から駒込豆販売となります。
どうぞよろしくお願いします。