コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2018/07/4

    あたり前のことをなるべく言いたい

昨日は、夜にエルサルバドル3バッチとグァテマラ1バッチ焙煎しました。
エルサルバドルはなかなか浅めに綺麗に焼けました。甘いです。この豆はおすすめです。

そういえば、昨日2店でいただいたコーヒー、美味しかったです。

谷川詩集もさっそく。入門者にはこれが良いそうです。

いくつか部分抽出。

■「万有引力とは 引き合う孤独の力である」

⇒やっぱりこれはいい。わたしもひとつ。
「遠心力とは ぐるぐる回るが故に 引かれて孤独になる力である
 回りくたびれて 動けなくなったときに 万有引力はやってくる」

■「ああ 何という自由 ぶらぶら歩きの自由 いく自由!
 さあ いこう! 何処へいこう!」

⇒ひとりでぶらぶらしたい日は、なんとなくいつも春日に行っちゃう。
 本当は春日でコーヒー屋をやりたい。「春日、探すか?」「金がねーか」(回文)

■「あたり前のことは 何度でも言っていい」

⇒あたり前じゃないことばっかりみんな言おうとするから世の中も私もおかしくなってる。

なんか、私も詩を書きたくなった。「珈琲屋のせかい」一首目。

「二十億光年の孤独にたえて あの珈琲屋は輝きだした
 その光の粒を飲んで わたしも珈琲屋になりたいと願った
 その願いがあの星に届くまで あとどのくらいかかるだろう」

⇒2年以内でお願いいたします。