コーヒー雑記  >>  雑記    
  • 2018/07/3

    売れるコーヒー屋(自家焙煎店)の共通点

・真面目で誠実
・そして、変人

と考えました。(もしかしたらこれ自体、間違っているかもしれません)
真面目で誠実(というか正直)は地でいけるのですが、変人部分は努力ではどうにもならないことを今日学びました。(変人にはなれず、常識を失いつつあるだけ)

コーヒーも、小説も、その他も、中途半端なものをいくら組み合わせても、世の中には許容されません。滑稽なだけです。
少なくとも、ひとつは突き抜ける必要があります。

ひとつ、ポエムをいただきました。「珈琲のせかい」の3首目だそうです。
「白い地に紫みたいな黒みたいな、
浮かぶバベルの塔
流れるマイルスデイビス」
たしかに、バベルの塔もマイルスデイビスも突き抜けています。

この時代に何かに突き抜けるのは極めて難しいことですが、わたしは、コーヒー屋ですので、コーヒーでそれをめざすしかありません。
ガス欠が解消したようですので、今日はこれから焙煎します。

というわけで、ひりゅうず通信の7月号、8月号予定の小説部分は削除もしくは差し替えいたします。
諸先輩方からの、叱咤激励、ご指導ご鞭撻、心より感謝申し上げます。

今後ともよろしくお願いします。

↓ 詩集は読んでみます。