コーヒー雑記  >>  焙煎    
  • 2018/06/10

    ひさびさのパプアニューギニア

焙煎4バッチ。
知らぬ間にパプアニューギニアがあったので、ひさびさに2バッチ。あとは、いつものエチオピア・イルガチェフェ。

パプアは、「パプアニューギニア AA ブヌン・ウー」です。

なかなかに浅めにできあがりました。

ワタルのサイトに書かれているカッピングプロファイルは、「フローラル、オレンジ、ラウンドマウスフィール、ココア」

ラウンドマウスフィール?
「マウスフィールとは、コーヒーのボディを表す用語で、口に含んだ時の質感や触感を表しています」
「マウスフィールのプラス表現は、バターのような・クリームのような・柔らかい・スムースな・芯の通った・包み込むような・ベルベットのような・目のつまったニットのような
マイナス表現は、渋み・粗い・水っぽい・薄い・軽い・ざらざらした、と評価されます」

ベルベットとかニットとか言われてもね。ラウンドは、「柔らかい」だそうです。

さっそく飲んでみます。
おぉ、フローラル、オレンジ、ラウンドマウスフィール、ココア!
嘘です。悪くない気がしますが、ちょっと酸味がきつめです。3日後くらいにもう少しまろやかになる予定です。また。