コーヒー雑記  >>      
  • 2018/06/2

    コペルニクス的転回の日

今日は、駒込のスペースで、アイスコーヒーに初挑戦しました。
本当に初挑戦です。実は家でも作ったことがありません。
最初の1杯は味見して苦すぎ、2杯目からお出ししました。職人根性なくすみません。でも無料サービスなので。

冷蔵庫がないので、普通に濃くドリップして、コンビニの氷を入れたグラスに注ぐやり方です。苦めです。甘味が足りません。これから徐々に甘くなっていくはずです。人生と同じです。たぶん。

その後、山陽堂さん@表参道で開催されている「珈琲屋 大坊さんと森光さんと」のイベントへ。
焙煎豆味見会にご参加いただけるとのご連絡をいただいたSさんとご一緒させていただきました。

↓ 大坊さんのデミタス。カウンターに座っていただきました。

その後、蔦珈琲さん@表参道で、打合せ、といいつつ、コーヒー談義です。
Sさんは、大坊先生の抽出講座を同時期に受講していたこともあり、お会いして、あっ、あの抽出が美しかった人だ、と記憶がよみがえってまいりました。コリンズ機をも使われているとのこと!
お話しを伺って、いろいろ、かなり衝撃を受けたのですが、何より、大坊さんのコーヒーについてのお話しを伺い、私の中で、コペルニクス的転回がございました。
うまくいえないのですが、私が見ているコーヒーの世界の外側や内側にまだ恐ろしく広い世界が広がっているんだ、というような感じです。見えぬけれどもあるんだよ、みたいな感じ。

↓ 蔦さんのデミタスとシュークリーム

↓ 蔦さんのアイスコーヒー。美しい。

自分の焙煎にも抽出にも味覚にも自信が持てなくてキョロキョロしてしまいますが、自分にあった珈琲屋を誠実にめざしていくしかないですね。

話に熱中してしまい、焙煎豆味見会についてはあまり具体化できなかったのですが、会は成立いたしましたので、ご自身で焙煎されている方でご興味のある方は、ぜひお知らせくださいませ!。

⇒shimizuzu1234@gmail.com